top of page
  • Yamamoto Yoshiro

人物写真を綺麗に撮影するコツ

更新日:1月6日



ロケーションとスタジオ撮影では撮影方法が変わります。

また、被写体によってもシュツエーションによっても異なります。


ローケーションでは、光が刻々と変わります。この光をどう捉えるかで、出来栄えに差が出ます。一番気を付けていることは、現場で出来ることは現場で!データを持ち帰り現像時にコツコツ作業するのも良いのですが、効率が悪く撮影時の状況を再現するのが難しい。


スタジオ撮影では、あえて一段アンダーに撮ります。これは光が多くなると後の処理が大変になります。ライティングでハイキーに撮影すると現像処理で戻れないのが理由です。


子供や老人は明るく、女性はタイプによって様々ですが、出来上がりを見た瞬間、”これ私って”思われるよう撮影します。男性はあえて影を多く渋く撮るよう心がけています。

もちろん男女それぞれ今までの写真を見せて頂き、今までに撮影した事のないポージングからお話し実演し、納得のいく写真に仕上げます。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page